のんびりと写真を撮りながら


by vocalize
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:TAMRON AF17-50 F2.8(A16) ( 14 ) タグの人気記事

名古屋市中区三の丸の秋

先日の21日、名古屋駅近くのミッドランスクエアシネマで、
今シーズンMET ライブビューイング 
(第1弾、先々週のドニゼッティ「愛の妙薬」に続き、)
ヴェルディの「オテロ」を見た帰り、
名古屋城方面の散策をしてみました。

途中に護国神社が。
名古屋に来て20年以上経ったのに、ここにあるとは初めて知りました。
ネットで調べてみると、
もとは明治元年に尾張藩主の徳川慶勝(とくがわよしかつ)が、
戊辰戦争で戦死した藩士の霊を名古屋市昭和区川名山に祀ったのが始まりだとか。
(今は戊辰戦争から第二次世界大戦までの愛知県関係の戦没者を祀っている。)
e0184921_1282535.jpg
e0184921_1283359.jpg
e0184921_1284294.jpg



ここの狛犬、今までに見てきた狛犬とチョット雰囲気が違います。
今までの狛犬は、厳しい顔をしていても、どこか可愛らしさがあった気がしますが、
ここの狛犬、可愛らしさは皆無。

e0184921_1284910.jpg
e0184921_1285746.jpg


神社の秋
e0184921_12957.jpg
e0184921_1291354.jpg



ここから県庁方面へ歩いてみました。

e0184921_1292134.jpg
e0184921_1292856.jpg

e0184921_1293586.jpg



後ろは県庁です。
e0184921_1294143.jpg



県庁舎と市庁舎。
名古屋に来て、最初にこの建物を見たときの違和感を思い出します。
不自然な和洋折衷と感じたんですね。
城郭風の屋根を乗せた建物で「帝冠式」と言うんだそうです。

県庁
e0184921_1294920.jpg


市庁
e0184921_129585.jpg


見慣れると、こんなものかなという風になりましたが。
資料によると県庁舎が昭和13年、市庁舎が昭和8年完成で、
どちらも、戦前の建物なんですね。よく戦争で破壊されなかったな~。
[PR]
by vocalize | 2012-11-23 12:39

秋の名残

今日は K-01 にマクロレンズをつけてトライです。

まだ、コスモスが咲いています。
e0184921_19585580.jpg
e0184921_19583365.jpg
e0184921_19591914.jpg


そして数は少ないですがミツバチも・・・

e0184921_1958508.jpg


ミツバチ部を拡大すると、足に花粉を付けているのがわかります。
間近に迫った冬に備えての食料集めですね。
e0184921_19593897.jpg


こんな花も
e0184921_1959837.jpg



以上が TAMRON 90㎜マクロ

以下は TAMRON 17-50 F2.8 (A16)


もうしばらくすると、これらの葉も落ちてしまいます。

e0184921_19595260.jpg
e0184921_19593018.jpg
e0184921_2001512.jpg



下の赤い葉は桜の木。
ここの桜は、今年の春頃のブログで、花が咲いている写真を載せました。
早いですね、時の過ぎるのは。
e0184921_19594619.jpg

[PR]
by vocalize | 2012-11-19 20:19

大阪

昨日と一昨日、所用で大阪に行ってきました。
宿泊したホテルの近くの靭公園です。
「靭」って読めますか?小さくローマ字でも書いてありましたので分かりましたが、
漢字だけだったら読めませんでした。「うつぼ」と読みます。
「うつぼ こうえん」
魚の?と思って、家に帰って広辞苑(電子辞書)を調べると、全然違いました。

以下、広辞苑による。

「靭」と書くのは誤用で本当は「靫」、または「空穂」が正しいようです。
しかも意味は「矢を盛って腰に背負う用具」で「矢が雨に濡れるのを防ぐためのもの」だとか。
知らなかった~無知でした。


とりあえず公園の風景です。
四ツ橋筋からの入口付近
e0184921_0294034.jpg



少し中に入ったところの風景。
e0184921_0302429.jpg



さらに奥の風景。落ち着いた雰囲気の、良い公園です。
e0184921_0303615.jpg



この日は天気が良かったので、難波まで歩いて行きました。
そして有名?な道頓堀で、良くTVなどに出てくる場所です。
戎橋筋商店街を過ぎて、心斎橋筋商店街との堺の橋でのショット。
e0184921_0304549.jpg
e0184921_0305576.jpg
e0184921_031422.jpg



心斎橋筋商店街の入口の右側
e0184921_0311418.jpg

歌で知られた宗右衛門町

この後、心斎橋筋商店街を船場まで歩きました。長いアーケード街を初めて歩き、
人出も多いし、お店も沢山で楽しかったです。

あとは焼肉でビールを飲み、帰りにコンビニでワインを買ってホテルに戻りました。

翌日は残念ながら雨でした。
ホテルモントレ グラスミア大阪というところに用事がありました。、
そこのフロントは22階にあるのですが、同じフロアに結婚式用のチャペルがあり、
この日もそのチャペルから新郎新婦が何組も出てきましたし、
チャペルの入口には次のカップルがチャペルに入ろうとスタンバイしていました。
流れ作業的感じ・・・・。

e0184921_0312414.jpg



そして22階の部屋からの眺めです。遠くに大阪ドームが見えて、天気が良ければさぞかし・・・
e0184921_0313216.jpg



カメラはトライ中の PENTAX K-01でした。
[PR]
by vocalize | 2012-11-18 01:10

秋の栄

急に寒くなりましたね。
今日は栄に行く用事がありましたので、ついでに「秋の栄」の写真を撮ってきました。
カメラは昨日入手した K-01です。
街路樹と噴水、ずっと奥にテレビ塔。
e0184921_20182313.jpg


街路樹の紅葉
e0184921_2018363.jpg


こんな像もあったんですね。
像と紅葉とテレビ塔
e0184921_20184176.jpg


テレビ塔と紅葉です。
e0184921_20185432.jpg
e0184921_2019012.jpg


用事の都合上、オアシス21を通りましたので、そこから見上げるテレビ塔。
e0184921_20191435.jpg
e0184921_20191832.jpg


連チャンでアップするのは初めてかも。明日は留守にするので3連チャンはありません。
[PR]
by vocalize | 2012-11-15 20:31

新緑

緑があふれています。
e0184921_846860.jpg


新緑がまぶしい季節になりました。
e0184921_847854.jpg


「キャラボク」は特に新しい葉が目立ちます。
e0184921_84832.jpg

e0184921_8492443.jpg


そして、大きくて立派なツツジ。
e0184921_8502856.jpg

拡大してみるとつぼみがまだ沢山あり、見ごろにはもう少し。
e0184921_8582427.jpg


e0184921_859821.jpg


こちらはツツジでも、ドウダンツツジ。漢字では「満天星」。
「半村良」の何かの小説でこの名前が沢山出てきたことを思い出します。
e0184921_8594772.jpg

小さなかわいらしい花です。
ドウダンツツジは紅葉が美しいので、アピール度は季節的に不利。
e0184921_90696.jpg


そして、サツキ。
e0184921_9153.jpg
e0184921_913622.jpg



新緑と花のあふれる季節。一方、花によっては早くも次の世代への準備も始まっていました。
e0184921_945526.jpg

[PR]
by vocalize | 2012-05-01 09:54

北澤美術館

連休が始まりましたね。
今日はカメラを持ち出しませんでしたので、昔の写真を。
エミール・ガレ、ドーム、ラリックらのガラス工芸品や日本画が展示されている諏訪湖半にある「北澤美術館」です。
e0184921_22271989.jpg



これらガラス工芸品をその時初めて見るものですから、そのすばらしさに感激しましたね。
比較的すいていたせいか、美術館の方が案内、および個々の作品の説明をしてくれました。
その素晴らしさが素人の写真で伝わるか否かは別として、ブログですからお許しを。
もちろん写真はちゃんと断りを入れて撮っています。
e0184921_22285316.jpg

このガレの「ひとよ茸ランプ」が美術館パンフレットの表紙になっていました。

e0184921_22293214.jpg
e0184921_2229562.jpg
e0184921_22301335.jpg
e0184921_22302748.jpg
e0184921_22304451.jpg
e0184921_22305924.jpg

他にも沢山見ましたが、どれも素晴らしい作品でした。

美術館の後は、民家風の蕎麦屋さんで、
蕎麦の実の外側、中間、真ん中のそれぞれの材料で作った「三色そば」をいただき、
地元のワイン醸造直販店で信州産のワインを買って帰りました。

皆様、良い連休を~。
[PR]
by vocalize | 2012-04-28 22:53

2010年5月23日 藤の花

 今日の名古屋は一日中雨です。

 前回更新は5月の連休前、今はもう5月も後半になってしまいましたが皆さんは連休をどの様に過ごされたでしょうか。
 例年ですと私共も何処かへ行くのですが今年は久しぶりに何処にも行かず、今まで後回しにしてきた押入れと物置の整理をしました。
 使わなくなった&使えなくなったオーディオ機器とか、重すぎて体力的に持って歩けなくなったカメラ用の三脚とかを処分しないと、どうしようもない状況になってきたからです。捨てるのには忍びないし、機器に申し分けないし、もったいないし、それから捨てること自体もお金が掛かったり大変な時代です。

 そこでインターネットオークションに出しました。もともと捨てるつもりですから、値段は二の次で拾ってもらえればそれで十分。しかし世の中にはいろんな人がいるんですね。

 出品した物が昔のオーディオマニアの間では良く知られている物だったせいか、こちらが思った以上の金額で全部落札されました。それでも未だオーディオ機器が多すぎますので、次の処分対象をこれから決めなければならないのですが。

 さて連休も最後の5月5日は運動も兼ねて「藤の花」で有名な愛知県津島市の天王川公園に行ってきました。
 地下鉄で名古屋駅まで行き、名鉄(メイテツ:名古屋鉄道)名古屋駅から岐阜行きに乗り、須ヶ口で津島線の弥富行きに乗り換えて津島下車。駅前の道を真っ直ぐ西へ20数分歩くと津島神社。そこから少し南寄りに天王川公園があります。
 ここの藤棚は日本一の広さだそうです。

e0184921_20113852.jpg


少し角度を変えて
e0184921_20133895.jpg



また少し角度を変えて
e0184921_2014129.jpg



今度はアップ
e0184921_20145274.jpg


津島市のホームページによると一口に藤と言っても、ここの藤棚には12種類もあるんだそうです。確かに白いのや花自体が固まっている感じのものがありました。

e0184921_20171435.jpg


e0184921_20173949.jpg


結構な人出で、人が入らないように藤を撮るのが大変。

e0184921_2019817.jpg



 実は2004年に一度ここへ来たことがあります。
 その時は名鉄の「電車沿線ハイキング」(参加無料、予約不要、参加賞ありという、非常に都合の良いハイキングの企画です。今でも毎週、その季節に合わせて場所を変えて企画されています。)に参加して初めて天王川の藤を見て感心したものです。
 またこの時は、津島神社の境内に山車が出ていましたので、最後にその当時の写真をUPします。
 (コンパクトデジカメ Konica Revio KD-510Z)

e0184921_20204013.jpg



2004年の藤の花です。
e0184921_20211439.jpg

藤の花は今年の方が華やかですね。
[PR]
by vocalize | 2010-05-23 20:44
10月24日。ウィーンからスロバキヤの首都、ブラチスラバへ。そうか、チェコとスロバキヤは別の国になったんだ。学生のころはチェコスロバキヤだった。ブラチスラバはその昔、一時はハンガリー帝国の首都だったこともあるとか。ここでの見所は、あまり有りませんでした。一枚目の写真はフラブネー広場からの道で。
e0184921_10155335.jpg
e0184921_10144752.jpg
やっぱり主役は子供の方だね。

10月24日~26日。最後の訪問地、ハンガリーのブダペストへ。ハンガリーといえば「ハンガリー狂詩曲」のリストと「ハーリ・ヤーノシュ」のコダーイ。まずはリストの資料展示館を観光ガイドブックを頼りに探しあてたが、なんと休館日。しかたなくコダーイの資料展示館を探すが、観光ガイドの地図で示されていた場所は工事中で新しい建物を建築中。乳母車に子供を乗せた若い女性(美しい人だった)が通りかかったので聞いてみたが、正確には判らないと言っていた。(と思う)。良く説明できないが、通りを2~3本あっち(南の方角)へ行ったところじゃないかな(どうもリスト資料館の方)と言っていた(と思う)。念のため戻って探したが見つからず。断念。がっかりしながら最後にラファエロを目当てに西洋美術館へと向かう。だいぶ歩いて疲れた。中に入って、とにかく広くて、部屋もいっぱいあるので、ラファエロの「エステルハージのマドンナ」を探してうろうろしていたら、展示室のオバサンが来て、ちょっと来いという仕草。後ろについて、その展示室の外へ行くとラファエロの絵のポスターが掲示されていた。そしてその下には「現在ミラノへ貸し出し中」。なんてこった。つかれた~。ま、絵は他にもゴヤ、ベラスケス、ルノワール、ゴーギャン等、沢山有ったので、それで満足しなくちゃ。

中欧シリーズの最後にアップするのは、ブダペストの夜景と民族音楽・舞踊を鑑賞しながらの夕食での写真。

e0184921_10531545.jpg
(この夜景、手持ち撮影です。デジカメの手ぶれ補正はすごい。)


民族楽器の「ツィンバロン」、本物を見るのも、生音を聞くのも初めて。演奏はブラームスの「ハンガリー舞曲」で始まった。感動ですよ。途中でモンティのチャルダーシュをリクエスト。(チップをはずみました)
e0184921_114714.jpg


近いうちに今年3月に行ったスペインの写真もアップします。忘れてきているので今年中に済ませないと。
[PR]
by vocalize | 2009-11-28 11:11
その4はチェコからオーストリアに入って、ウィーン。ここでも写真をたくさん撮りましたが、フリー時間に行った美術史博物館をUPします。中に入ってインフォメーションで日本語版の「博物館の場所案内」を買い、さて目指す絵は2階に、ということで階段を上がろうとして前を見てビックリ。スゴイ。階段の踊り場(?)にすごい・・・・。
e0184921_1095584.jpg


更に階段を上がると、そこはカフェになっているホール。これもスゴイ・・・・・・。絵を見る前に。
e0184921_10151555.jpg


そうそう絵を見に来たんだった。ここはフラッシュ無しなら写真OK。とにかく広いし、当然たくさんの絵があるので、とりあえず有名な絵を。ブリューゲル、ルーベンス、ラファエロ、レンブラント、ヴェラスケス、など。

そこで今日の一枚、これ。「フェルメール」。
e0184921_10252571.jpg

[PR]
by vocalize | 2009-11-21 10:37
前回のチェスキークルムホフの前日、10月21日プラハ。この分で行きますと、中欧シリーズがなかなか終わりません。ので、各都市をちょっとづつにします。
プラハ城のヴィート教会。今まで見てきたヨーロッパ各都市の世界遺産の教会はみんな壮大、この教会もすごい。
e0184921_21524994.jpg



この教会の中に、ミュシャ作のステンドグラス。
e0184921_21543023.jpg

この大きさだと良く判らないと思いますので、中央下部の一部をアップしますと、
e0184921_21582932.jpg
これだとミュシャの雰囲気がわかりますよね。


教会の中を、露出補正して、明るく撮ると
e0184921_221261.jpg
ホントはすっごく暗いです。デジカメの手ぶれ補正の威力。


今日の最後はプラハ城正面の門の衛兵さん、と観光のお姉ちゃん。この対比、衛兵さんが困ってた。
e0184921_2244220.jpg


また次回に。
[PR]
by vocalize | 2009-11-15 22:20