のんびりと写真を撮りながら


by vocalize
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月24日。ウィーンからスロバキヤの首都、ブラチスラバへ。そうか、チェコとスロバキヤは別の国になったんだ。学生のころはチェコスロバキヤだった。ブラチスラバはその昔、一時はハンガリー帝国の首都だったこともあるとか。ここでの見所は、あまり有りませんでした。一枚目の写真はフラブネー広場からの道で。
e0184921_10155335.jpg
e0184921_10144752.jpg
やっぱり主役は子供の方だね。

10月24日~26日。最後の訪問地、ハンガリーのブダペストへ。ハンガリーといえば「ハンガリー狂詩曲」のリストと「ハーリ・ヤーノシュ」のコダーイ。まずはリストの資料展示館を観光ガイドブックを頼りに探しあてたが、なんと休館日。しかたなくコダーイの資料展示館を探すが、観光ガイドの地図で示されていた場所は工事中で新しい建物を建築中。乳母車に子供を乗せた若い女性(美しい人だった)が通りかかったので聞いてみたが、正確には判らないと言っていた。(と思う)。良く説明できないが、通りを2~3本あっち(南の方角)へ行ったところじゃないかな(どうもリスト資料館の方)と言っていた(と思う)。念のため戻って探したが見つからず。断念。がっかりしながら最後にラファエロを目当てに西洋美術館へと向かう。だいぶ歩いて疲れた。中に入って、とにかく広くて、部屋もいっぱいあるので、ラファエロの「エステルハージのマドンナ」を探してうろうろしていたら、展示室のオバサンが来て、ちょっと来いという仕草。後ろについて、その展示室の外へ行くとラファエロの絵のポスターが掲示されていた。そしてその下には「現在ミラノへ貸し出し中」。なんてこった。つかれた~。ま、絵は他にもゴヤ、ベラスケス、ルノワール、ゴーギャン等、沢山有ったので、それで満足しなくちゃ。

中欧シリーズの最後にアップするのは、ブダペストの夜景と民族音楽・舞踊を鑑賞しながらの夕食での写真。

e0184921_10531545.jpg
(この夜景、手持ち撮影です。デジカメの手ぶれ補正はすごい。)


民族楽器の「ツィンバロン」、本物を見るのも、生音を聞くのも初めて。演奏はブラームスの「ハンガリー舞曲」で始まった。感動ですよ。途中でモンティのチャルダーシュをリクエスト。(チップをはずみました)
e0184921_114714.jpg


近いうちに今年3月に行ったスペインの写真もアップします。忘れてきているので今年中に済ませないと。
[PR]
by vocalize | 2009-11-28 11:11
その4はチェコからオーストリアに入って、ウィーン。ここでも写真をたくさん撮りましたが、フリー時間に行った美術史博物館をUPします。中に入ってインフォメーションで日本語版の「博物館の場所案内」を買い、さて目指す絵は2階に、ということで階段を上がろうとして前を見てビックリ。スゴイ。階段の踊り場(?)にすごい・・・・。
e0184921_1095584.jpg


更に階段を上がると、そこはカフェになっているホール。これもスゴイ・・・・・・。絵を見る前に。
e0184921_10151555.jpg


そうそう絵を見に来たんだった。ここはフラッシュ無しなら写真OK。とにかく広いし、当然たくさんの絵があるので、とりあえず有名な絵を。ブリューゲル、ルーベンス、ラファエロ、レンブラント、ヴェラスケス、など。

そこで今日の一枚、これ。「フェルメール」。
e0184921_10252571.jpg

[PR]
by vocalize | 2009-11-21 10:37
前回のチェスキークルムホフの前日、10月21日プラハ。この分で行きますと、中欧シリーズがなかなか終わりません。ので、各都市をちょっとづつにします。
プラハ城のヴィート教会。今まで見てきたヨーロッパ各都市の世界遺産の教会はみんな壮大、この教会もすごい。
e0184921_21524994.jpg



この教会の中に、ミュシャ作のステンドグラス。
e0184921_21543023.jpg

この大きさだと良く判らないと思いますので、中央下部の一部をアップしますと、
e0184921_21582932.jpg
これだとミュシャの雰囲気がわかりますよね。


教会の中を、露出補正して、明るく撮ると
e0184921_221261.jpg
ホントはすっごく暗いです。デジカメの手ぶれ補正の威力。


今日の最後はプラハ城正面の門の衛兵さん、と観光のお姉ちゃん。この対比、衛兵さんが困ってた。
e0184921_2244220.jpg


また次回に。
[PR]
by vocalize | 2009-11-15 22:20
10月22日、チェスキークルムロフ広場(前回の写真)のモニュメントの下で記念撮影をする子供。かわゆい~。
e0184921_1352789.jpg
TAMRON18-250

そのモニュメント上の聖人のアップ
e0184921_13562938.jpg
TAMRON18-250

石畳の道と町並み
e0184921_13585394.jpg


チェスキークルムホフ城の遠景と街並み そして 少しアップの写真
e0184921_1414437.jpg
e0184921_142638.jpg
TAMRON17-50

チェスキークルムロフ城からみた町。もう少し広角のレンズだと良かったんだけど。絵になりますね。
e0184921_1471387.jpg
e0184921_1472734.jpg
TAMRON17-50
[PR]
by vocalize | 2009-11-08 14:15
10月20日から中欧のツアーに出かけました。中部空港からフィンランド航空でヘルシンキへ。そこから同じフィンランド航空でプラハへ。チェコはプラハとチェスキークルムロフでしたが、13世紀に作られたチェスキークルムロフが良かったので、最初はそこから。ここは町全体が世界遺産に登録されているところだとか。まずは宿泊したホテル外観と、部屋、部屋からみた広場を紹介します。(21日~22日)

最初はホテルの外観。広場に面した建物で写真中央の茶褐色の建物の最上階が泊まった部屋です。(窓に花が飾られてました)。
e0184921_05810100.jpg
TAMRON18-250

ホテルのフロント。古い建物の中とは思えない、きれいでこじんまりとした、雰囲気のあるフロント。
e0184921_135252.jpg
TAMRON18-250

私たちの部屋は大変広く、夫婦二人なのですがどうも4人用の部屋のようでした。ダブルベッドが二つ、浴室も大変広くきれいでした。こんな部屋にはなかなか泊まれませんよ。浴室の方から寝室を見たところ。
e0184921_172174.jpg
TAMRON17-50

浴室です。17ミリ(35ミリ換算で約25ミリ)では全体はとても写しきれません。写っていませんが洗面台はこの横にもうひとつありました。
e0184921_1103148.jpg
TAMRON17-50

寝室の写真に写っていた窓から見た広場。宿に着いたときは夕方でしたが空がきれいなブルーに写っています。今度の旅行は雨にはあまりあいませんでしたが、ほとんどが曇りの日でした。この日も昼間はずっと曇っていましたが、空がこんなにきれいに青く写るなんて思いませんでした。
e0184921_1153885.jpg
TAMRON17-50

完全に夜になった広場。
e0184921_1201066.jpg
TAMRON17-50

翌朝の広場。曇ってますね。
e0184921_1212267.jpg
TAMRON17-50
[PR]
by vocalize | 2009-11-05 01:31